ばね指 原因 症状 対策法

ばね指の原因と症状と対策法

スポンサーリンク

 当サイトではばね指の原因と症状と対策法について、いろいろ書いていきます。
 ばね指は糖尿病患者、透析患者、女性に多く発症するといわれています。
 ばね指の症状とは手の指の中手指節間関節の手のひら側で腱鞘が厚くなったり、小さくなったり,屈筋腱が腫瘤状に肥大して,腱鞘の中を通る腱の伸び縮む運動が制限され,それ以上運動させようとすると,反対の手で戻さないと伸びなくなってしまします。そして曲がった指が元に戻るときに痛みを伴います。
 中指付け根の周りには、勝膜腱鞘と呼ばれる鞘があります。これは指を曲げる際には円滑に曲がるようにサポートする役目を持っています。さらに、指の腹側に靭帯性腱鞘と呼ばれるトンネルがあります。その中を滑膜性腱鞘が通過することで円滑に指が動くようになるのです。
 親指の場合には少し解剖が違いますが、滑膜性腱鞘と靭帯性腱鞘の動きは同じになります。
 ばね指の原因として考えられること以下のものがあります。

スポンサーリンク

 例えば、女性では編み物のしすぎとか、指の使いすぎによる負荷のため、動かすたびに摩擦により炎症が進んでしまい、腱鞘が肥厚、肥大し通過障害を起こすことが考えられます。
 ばね指の症状としては、指の付け根で屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起こると、“腱鞘炎”になり腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。 朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することも少なくありません。 この症状が進行するとばね現象が生じて“ばね指”となり、さらに悪化すると指が動かない状態になります。難しい医療用語を使ったため、少しイメージがしつらいかもしれません。例えば、ばねを縮めて、指で押さえている限りでは「びよーん」と伸びませんが、押さえている指を離すと、「びよーん」と勢いよく跳ね出してきますね。このようなイメージです。ゴルフ好きの方にも多いようです。要するに、指をあまり酷使しないようすることが予防の台一歩であり対策法の一つです。
 当サイトではこのようにばね指の原因と症状と対策法について、いろいろ書いていきますので、お役にたてると嬉しく思います。

 

 当サイトのカテゴリー一覧です→ばね指の手術や費用(バネ指・後遺症・痛み・内視鏡手術・病院・名医・東京・重症・失敗)
ばね指の手術と生命保険
 ばね指治療と注射(痛い・副作用 注射後・痛み)
 ばね指症状の治療にテーピングを巻く方法・巻き方(中指・薬指・親指)
 ばね指治療の名医・医者(東京)

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 姉妹サイトです→腱鞘炎の原因と症状と対処法
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです